2018.07.21 おもちゃカフェ

「浮沈子」

 夏休みに入って最初の「おもちゃカフェ」で「ふちんし」をつくりました。お弁当などに使用する魚の形をした「しょうゆたれ」に油性ペンで鱗や目玉をつけ、色を塗ります。魚の口にナットをはめ、水を少し入れます。(コップに浮かべて尾ひれが水面から少し出るように水の量を加減します)

 次にいっぱいに水を入れたペットボトルに魚を入れ、フタを閉めたら出来上がり。ペットボトルを手で押したり、緩めたりすると、魚が泳ぎ出しました。

 この不思議な「ふちんし」は体積と浮力の仕組みです。パスカルやアルキメデスの原理は中学生になったら勉強します。

 その時、思い出してくれるでしょうか?

 

2018年07月21日