9月10日 おもちゃ工作室

今日は沢山の参加者で材料を追加するほどでした。

「作品1さかさ万華鏡」

牛乳パックの口の部分をロケットのように尖らせて閉じます。尖った部分に銀紙の折り紙を半分の三角2枚を使って貼り合わせます。牛乳パックの周りをくるむ厚紙を用意して、内側にれ自由に絵や模様を描きます。それを牛乳パックにくるんで、なかの牛乳パックを引いたり押したりすると、描いた模様が万華鏡になります。

「作品2回転万華鏡」

トイレットペーパーの芯を筒に使います。プラバンの裏に黒い紙を重ねて鏡状にして三角に折り、筒の中に入れます。筒の片方に穴をあけた黒い紙で覆い、のぞき穴を作ります。その筒を折り紙でくるみます。丸い白の画用紙にスパンコールを沢山ボンドで付け、中心につまようじをさして覆っていない方の筒の入り口に、丸い紙が来るようにようじを筒の上にテープで留めて出来上がり。次々に変化する幾何学模様に歓声が上がりました。

 

2016年09月10日