ブログ

ブログ一覧

ステイホーム 2

「大きな木の数あそび」

フエルトを利用してサル10匹、リンゴ10個、小鳥10羽、それに花を10本作りました。それぞれ、ボタンやフックで好きな箇所に留められます。

おさるは山でお休みする場所もあり、小鳥は小屋もあります。自分でお話を作りながらパーツを好きなところにつけて遊びます。

2020年05月16日

2020.05.10 ステイホーム

ステイホームをどのように過ごしていますか?

今年は「新緑祭」や「ママフェス」など楽しい催しが中止になってしまいました。「工作室」も3月からお休みしているので、寂しいです。

こんな時は、お家にある空き箱などを利用して、いろいろ作ってみてください。

「ばぁばまま」はフェルトやボタン、洗濯ばさみなどを利用して、つなぎ遊びのおもちゃを作ってみました。

2020年05月10日

2020.02.22 おもちゃカフェ

「おひなさま」

直径15センチ位の紙皿を内側に半分に折りたたみます。画用紙で丸型を2つ作り、男雛と女雛のお顔を描きます。お顔を半分に折った上の部分に貼り付けたら、おひなさまの着物にする色紙を選びます。

色紙を半分に切って、縦長に折り、さらに二つに重ねております (先端は襟元です角度をつけて)。着物を着せたら、冠や扇などを持たせて出来上がり。

おひなさまが二人並んで仲良く揺れていました。

 

2020年02月22日

2020.02.08 おもちゃ工作室

35㎝四方のビニールを三角形に折ります。(今回はこの大きさで作りました) さらに▽に折って、もう一度▽に折ります。次に、二等辺三角形になるように底辺をカットします。

ビニールを広げると、八角形のパラシュートになります。八角形の角ごとに25㎝のタコ紐をセロテープで付けます。8本の紐の端をまとめて、テープで固定し、下に重りになるよう紙を付けて出来上がり。

上に向かって投げるとパラシュートがフワリと開いて降りてきますよ。

 

2020年02月08日

2020.01.26 おもちゃカフェ

「鬼たいじ」

節分を前に、吹き矢で鬼を倒すおもちゃを作りました。

紙皿に鬼の顔を描きます。毛糸の髪の毛を付け、金棒も持たせました。紙皿に洗濯ハサミを2個つけて立たせたら「的」の感性です。

吹き矢は太いストローと細いストローを2本用意します。太いストローの先端が4方向に開くように切込みを入れます。

画用紙で直径5センチ位の円形を作くり、先端の切込みにテープ―で固定します。

細いストローを太いストローに差し込んで、強く息を吹くと太い方のストローが飛び出します。

吹き矢を鬼の的に当て、倒してあそびました。先端の円形に大豆の絵が描かれたものもありました。

2020年01月26日

2020.01.11 おもちゃ工作室

「ネズミの起き上がりこぼし」

ガチャポンの空き容器で、今年の干支を作りました。

容器の底にビー玉を固定し、新聞紙を丸めてすき間なく入れます。これで起き上がりの仕掛けが完成。

容器の表面全体に、1㎝四方位に切った色紙を貼り付けます。耳と尻尾をつけて、顔を描いて出来上がり。

今年も元気で過ごせますように。

 

2020年01月11日

2019.12.21 おもちゃカフェ

「クリスマスオーナメント」

ピンポン玉に、帽子をかぶせせておひげを付けたサンタ。おりがみで作ったツリー、ビー玉を針金で巻き付けたペンダントを作りました。

2019年12月21日

2019.12.14 おもちゃ工作室

「ネズミと猫の追いかけっこ」

使い終わったガムテープの芯を2個合わせて固定します。芯の幅に色模造紙を巻き付け、猫とネズミを貼り付けます。

芯の横から、針金ハンガーを通して出来上がり。コロコロと転がすと、猫がネズミを追いかけます。

「猫が大好き」とおっしゃるご婦人が来て、制作してくださいました。

 

2019年12月14日

2011.11.23 あぞびば文化祭

「クリスマスリース」

折り紙を8枚折って、リースにして、シールなどで飾り付けます。幼児さんは、あらかじめつないでおいたリースに飾りを付けました。

折り紙で作った「サンタさん」と「鈴」も付けました。

 

2019年11月23日

2019.11.16 青梅宿

「紙コップで鳴らすニワトリ」

紙コップの底に穴を開け糸を通します。糸の端はつまようじに結び付け、底から抜けないようにします。紙コップの周りにも紙で作ったニワトリをつけて、出来上がり。

湿らせたティッシュで糸を擦ると、紙コップの中で糸の振動が共鳴してなきます。糸の擦り具合にリズムをつけると、「コケコッコー」と聞こえます。

 

2019年11月16日

2019.11.09 羽村こどもフェスティバル

ゆとろぎホールで開催された「羽村こどもフェスティバル」に参加しました。会場は子どもたちが売る模擬店も出て大盛況でした。ばぁばままは「洗濯ハサミのキツツキ」と「鉄棒をする動物」のワークショップを開催しました。このおもちゃは以前も制作したものです。

今回も発想豊かな子どもたちの手で、ユニークなキツツキや鉄棒であそぶ動物たちが出来上がりました。

2019年11月09日

2019.11.03 子どもふれあいフェスティバル

青梅市役所2階で「子どもフェスティバル」があり、ばぁばままも、手作りおもちゃコーナーで「パォパォぞうさん」を作りました。ぞうの顔の型紙にストローを差し込み、先端に長いゴム風船をカットして装着すれば完成。

ストローに息を吹き込むと、ゴム風船が振動して「ハォー」と鳴きます。子ども達はぞうの顔に色づけして、個性的な作品に仕上げていました。パンダの顔に仕上げたお父様もいました

2019年11月03日

2019.10.27 河辺ハロウィン

河辺ハロウィンに参加して「変身メガネ」を作りました。牛乳パックをメガネ型に切り取り、布をアイロンで貼り付けたものです。会場で、カボチャや星型などのデコレーションをしたら、輪ゴムの耳掛けを付けたら出来上がり。

昨年は、100枚用意した材料が午前中で無くなったので、今年は200枚用意しました。会場は、大人も子供もハロウィンの仮装で楽しむ人たちでいっぱいでした。

2019年10月27日

2019.10.26 おもちゃカフェ

「ぽっくり」

昔よく遊んだ「缶ぽっくり」を作りました。今日は、空き缶の代わりに牛乳パックを利用します。最初に牛乳パックを底から7㎝にカットし、新聞紙を折りたたんで隙間なく詰めます。もう一本を底から6cmにカットし、新聞紙を詰めたパックの上から被せます。これを2つ作って一組になります。

牛乳パックの側面に穴を開け、紐を通したら「牛乳パックぽっくり」の出来上がり。

ぽっくりにテープやマジックペンで好きな柄をつけてたら、自分だけのぽっくりになりました。

 

2019年10月26日

2019.09.28 おもちゃカフェ

「まゆだま転がし」

牛乳パックを斜めにカットし、滑り台を作ります。

ガチャガチャの空き容器に、ビー玉を入れて楕円形の球(まゆだま)を作ります。「まゆだま」は色テープを利用して目玉や模様をつけると、「青虫」や「パンダ」になります。

それを、牛乳パックの滑り台に置くと、前回りしながらコロコロと転がります。

2019年09月29日

2019.0914 おもちゃ工作室

「ラッコのお食事」

7月に準備した「ラッコのお食事」ですが、参加者がいなかったので、再挑戦したところ、今回は、可愛いラッコが3頭できました。

牛乳パックの底の部分を切り落とし、ラッコの顔を貼り付けます。割りばしの先に貝をつけて、ラッコの顔の下に来るよう、切込みを入れた牛乳パックの中から差し込みます。割りばしの反対側にラッコの尻尾を付けたら出来上がり。

尻尾の部分を動かすと、割りばしが牛乳パックに当たり、貝を割る音がして、ラッコのお腹の貝を顔のところに動きます。

 

2019年09月19日

2019.08.31 おもちゃカフェ

「トンボのめがね」

ヨーグルトの空きカップを2個用意します。カップの底に、直径5センチ程度の穴をあけ、二つ合わせてメガネにします。カップの上の部分に、5ミリ程度の溝を開けます。

牛乳パックを利用した5センチ×7センチ位のカードを用意します。真ん中に丸く穴をあけ、赤・青・緑のセロハンを貼ったカードを2組ずつ用意します。

カードをメガネの溝に差し込んで、色の変化を楽しみます。

 

この日来てくれたボランティアの高校生

2019年08月31日

射的のてっぽう

お祭りの射的コーナーで使う「てっぽう」の作り方について、お問い合わせがあったので、紹介します。

【作り方】

①ラップの芯を2本用意します。

②そのうちの1本を半分にカットし、長い芯に併せてテープで巻き付けます。(短い芯が持ち手)

③長い芯の先に切込みをいれ、2重にした輪ゴムを3本つないで、切込みに付けます。

⓸牛乳パック等を利用して幅2㎝、長さ13㎝位の平べったい板を作ります。(写真では緑)

⑤切込みに付けた輪ゴムの、もう一方の先を板に巻き付け固定します。

⑥トイレットペパーの芯に、色紙を巻きます。(写真では赤)

 

【あそび方】

先端にトイレットペーパーの芯を入れたら、ゴムのついた板を引っ張り手を離すと、飛び出します。

的になるものを用意して、遊んでください。持ち手を下から支えるようにもって、発射のとき、手にゴムが当たらないよう工夫してください。

 

2019年08月27日

おもちゃ工作室 沢井市民センター

「ガリガリトンボ」

割りばしを用意します。一本の太い方の先から5センチ程度まで、針金をぐるぐる巻きつけます。先端に模造紙で作った羽を虫ピンで止めます。

もう一本の割りばしで、巻きつけた針金をガリガリ擦ると、先端の羽が回り出します。

羽が上手に回るまで、擦る力加減。割りばしの握り方、羽の向きなど幾つものコツを発見するののが楽しいおもちゃです。

2019年08月17日

2019.8.10 夏休み おもちゃまつり

今年も「夏休みおもちゃまつり」を開催しました。「カエルとび」「射的」「UFOビンゴ」「運だめし」など、手作りのおもちゃでゲームをして、得点でお菓子と交換できるお祭りです。10~20のポイントがついたかごから、得点分のお菓子を真剣に選んでいました。

手作りおもちゃは「動物カスタネット」。牛乳パックの2面を利用して、両手にペットボトルのふたをつけただけの簡単なものです。犬・ウサギ・像など好きな顔に色を塗って、どれも愉快な作品になりました。

参加者は子どもが94人。保護者の方を含めると160名以上の方が来てくださいました。

 

 

2019年08月10日

2019.07.27 成木盆踊り大会

昨年は台風で中止になってしまった盆踊り大会。今年は大盛況でした。かき氷、焼きそばなどの模擬店の隣で、「ばぁばまま」も参加。ワークショップは、丸めた新聞紙を布で包んだ「ヨーヨー」つくり。

他に、お菓子を当てる射的コーナーも出店しました。どちらも7中の生徒がボランティアとして、小さい子どもたちの面倒を観てくださいました。おかげて、射的には90人が参加し、大いに盛り上がりました。

 

2019年07月27日

2019.07.20 おもちゃカフェ

「ラッコのお食事」

夏休み初日ですが、あいにくの小雨。牛乳パックを利用して、貝を割るラッコを作る予定でしたが、来客は....。

スタッフで制作に取り組みました。「貝はホタテが良いわね」「指は、尻尾は?」とあれこれ話しながら、それぞれのラッコに満足しました。

試作でバージョンアップした今回の作品は、改めて皆さんと一緒に作りたいと思います。

 

2019年07月20日

2019.07.13 おもちゃ工作室

牛乳パックを横に切って、4センチ幅の輪を2つ使います。一か所を切り離し、白い面が出るように裏返して、テープでつないだら、もとに戻して、からだと尻尾をつなぎます。

あとは、ボトルのふたを開けた後に残っている、丸い輪を魚の口に付けます。ラップの芯に紐とフックを通して、釣り竿のリールの気分を味わいました。

ペットボトルのふたを赤いセロハンで包んだ金魚も作り、たらいに浮かべて金魚すくいも楽しみました。

 

2019年07月13日

2019.06.29 七夕かざり

竹の笹を15センチくらいの小さな輪にして、いろいろな飾りをつけて楽しみました。幼児さんもママに手つだってもらって「おねがい」を短冊にしました。

和紙でこよりを作り、ご近所から頂いた竹を利用して、昔からの「七夕」を楽しみました。

 

 

2019年06月29日

2019.06.15 おもちゃ工作室

「ビー玉転がし」

食品などが入っていた「トレー」にアンパンマン、カエルなど好きな絵を描き、ビー玉が入るくぼみをつけます。くぼみの数だけビー玉を入れたら、透明の袋で包んで出来上がり。

トレーの絵は小鳥、迷路、おばけなど個性的なものでした。ビー玉を転がしてくぼみに収めるのは意外に大変。集中力が必要なおもちゃです。

この日は、沢井市民センターで初めての工作室でした。雨のなか「楽しみにしていた」と、ご家族で遊びに来てくれました。

 

2019年06月15日

2019.06.08 おもちゃ工作室

「カエル飛び」

紙にカエルの絵を描きます。飛び上がる仕掛けは、割りばしに洗濯ばさみを固定し、高さ2㎝位の箱を付けます。その箱にカエルを乗せて、割りばしの片方を放すと、箱に乗せたカエルが飛び出します。    トマトなどが入っていた透明の容器を「池」にして、カエルを飛び込ませて遊びました。

 

 

2019年06月08日

2019.06.02 ママパラダイス

新築の「ネッツたまぐ―」で「キラキラママを応援する」ママパラダイスがありました。手作りのお店、華やかなフラダンスで大盛況。「ばぁばまま」も手作りおもちゃの体験教室を開催。牛乳パックの底を利用した「ぶんぶんコマ」と紙を折った「吹きゴマ」を作りました。

100枚用意した材料をすべて使い切りました。

 

 

2019年06月02日

2019.05.25 おもちゃ工作室

「鳩とけい」

ティッシュボックスの空き箱を利用します。裏側に1/3位のところを目安に切込みを入れ、さらにその箇所を縦に切ると、鳩が飛び出すドアになります。

細長く切った紙の両サイドをドアの内側に固定し、鳩をつけるだけです。手で紙の後ろを押して鳩を出し入れします。

文字盤をローマ字にしたり、テープで飾ったりして個性豊かな時計ができました。

 

2019年05月25日

2019.05.12 釜の淵 新緑祭

芝生の上で工作教室を開催しました。

「紙飛行機」折り紙で作った飛行機を、割りばしの先に付けたゴムを利用して飛ばします。

「風車円盤」紙皿の真ん中の円を切り取り、周りに八か所の切込みを入れて、斜めの羽にし立てます。もう一枚の紙皿を重ねて出来上がり。

「チョウチョ」幼児さんは蝶の形の模造紙に、シール貼りやお絵かきをしました。羽を中心線で合わせて摘まむと、ひらひらと揺れます。

飛行機や、円盤は少しコツをつかむと、風に乗って遠くまで飛びました。他に、輪投げや手作りおもちゃの販売にも、大勢の方が来てくださいました。

 

2019年05月12日

2019.04.27 ネッツたまぐーセンター オープニングイベント

「ムクムク風船」

文化交流センターで手作りおもちゃのワークショップを開催。60人の子どもが参加してくれました。

紙コップ、ストロー、それにビニールの傘袋を使います。ビニール袋に好きな絵を描いたら、ストローに袋の先端を巻き付け、空気が抜けないようテープでしっかり固定。紙コップの底に穴を開け、ストローを差し込んだら出来上がり。

ストローから息を吹き込むと、紙コップの中に入れた袋がムクムクと膨らみます。電車・へび・花・キリンなど個性的な作品が出来ました。

 

2019年04月27日

2019.04.20 おもちゃカフェ

「飛び出すカード」

ありがとう。の気持ちを伝えたい人にカードを作りました。色画用紙を半分に折り、中央の線に沿って、もう一枚の紙に切込みを一か所入れ、三角のポケットを作ります。ポケットの周りに色々な花を飾って出来上がり。カードを開くと花束が飛び出します。花束の代わりに、二か所の切込みで土台を作り、ビールジョッキをつけると「父の日」にOK。

メッセージを添えて、封筒に入れて大切に持ち帰りました。

 

 

2019年04月20日

2019.04.06 おもちゃ工作室

「サルの木登り」

ラップの芯を利用して、バナナの木に登るサルを作りました。

最初は「バナナの木」ラップの筒に模造紙を巻き付けます。根本は小さなペットボトル(R-1がgood)に水を入れ、キャップをしたら、上から筒を被せてセロテープでしっかり固定します。(これで木が動かない)

次に、紙コップの底にカッターナイフで16文字に切込みを入れ、木の先端から「エイ!」と下まで被せます。筒にはみ出したコップの切り口をテープで木に固定し、上の方に葉を4枚付けます。

最後は「サル」。好きな色を塗ったら、裏に短いストローを二本固定します。ストローに紐を通して、木の先端にクリップを利用して取り付けます。

紐を交互に引っ張ると、サルがスルスルと上っていきます。バナナの向きを考えて木に付けたら出来上がり。

 

バナナの木が並びました。

2019年04月06日

2019.03.23 おもちゃカフェ

「小鳥の笛」

プラスチックの空き容器で「小鳥」と「みみずく」の笛を作りました。

「小鳥」はヤクルトの容器を使います。底から2㎝程度の箇所に2㎜四方の穴を開けます。その穴にストローを固定し、そっと息を吹き込むと「ピー」と可愛い鳴き声がします。

「みみずく」はR-1の小型ペットボトルを使いました。飲み口の半分をビニールテープで覆い、尺八のように吹くと「ホ~」と低く鳴きます。

それぞれ、容器に小鳥やみみずくの絵を貼り付けて出来上がり。

何度か練習するうちに、どの子も上手に鳴き声を出せました。

小3女子の作品

2019年03月23日

2019.03.09 おもちゃ工作室

「にょろにょろへび」
トイレットペーパーの芯を半分にカットし、胴体になる部品を作ります。(3本×2) カットした部品6個にそれぞれ色紙を巻き、少し平らにして四隅を切り落とします。
部品の前後に穴をあけ、モールで固定します。(少し根気よく) 

最後に先端に赤い舌を付けたら出来上がり。尻尾を持つとくねくね動きます。
小さい子は、紙皿にシールを貼って、渦巻き型に切込みを入れる「へび」を作りました。冬眠から覚めたいろいろなへびが愉快に動きました。

 

 

2019年03月09日

2019.02.23 おもちゃカフェ

「ひな人形」

紙皿の中央にある丸に沿って、円の半分をカッターナイフで切ります。紙皿の両端を合わせて半分に折りたたむと、中央の半円が立ち上がって顔の部分になります。

顔を描いたら、好きな柄の折り紙で着物を着せます。あとは、冠、扇などの飾りをつけて出来あがり。

二人並べて置くと、仲良くゆらゆらと揺れます。

 

 

2019年02月23日

2019.02.09 おもちゃ工作室

「起き上がりこぼし」

「ガチャポン」の空き容器の底に、ビー玉を入れて固定します。さらに新聞紙を丸めて容器に入れます。これで「こぼし」の重心ができました。あとは、細かく切った色紙を容器の周りに貼り付けます(根気のいる作業)。

最後に好きな顔を描いたら出来上がり。だるま型・タヌキ型、様々な「こぼし」ができました。

 

2019年02月09日

2019.01.26 おもちゃ工作室

「空気てっぽう」

ポテトチップスの筒の空き箱と、ゴム風船を用意します。筒の底に直径3㎝程度の穴を開けます。

ゴム風船の先端の丸い箇所を少し切り落とし、筒の口に被せたらビニールテープで固定します。

ゴム風船のふくらまし口を縛ったら、出来上がり。

縛ったゴムの先を引っ張って離すと、「パン」という音と共に、筒の穴から勢いよく空気が出ます。

紙皿を利用して作った鬼を、空気てっぽうで倒して遊びました。

 

2019年01月26日

2019.01.19 おもちゃカフェ

「糸車」

昔、ミシンなどで利用していた懐かしい「糸巻」を利用したおもちゃです。

糸巻の空洞に輪ゴムを通して、片方を固定し、もう一方に棒を付けた簡単なもの。棒をクルクル20回程回して、テーブルに置くと走り出します。干支にちなんで棒の先にイノシシを付けてみました。

それぞれ描いた「ウリ坊」が一直線に走っていました。

 

2019年01月19日
» 続きを読む